楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

フルマラソン15

こんばんはGnaです。
 今日は前回に引き続きフルマラソンについてお話ししたいと思います。
 前回は女子のオリンピックマラソンについてお話をしました。

 今回は、マラソンのタイムについてお話したいと思います。

 前回女子のイングリット・クリスチャンセン(ノルウェー)さんが樹立した、1985年ロンドンマラソンでの2時間21分6秒が13年間破られることがなかったことをお話ししました。

 1969年5月30日デレク・クレイトン(オーストラリア)さんのアントワープラソン(ベルギー・アントワープ)での疑惑の男子記録(2時間8分34秒)も、1981年12月6日にロブ・ド・キャステラ(オーストラリア)さんが福岡国際マラソンを2時間8分18秒で走るまで長い間破られませんでした。

 なぜデレク・クレイトンさんの記録が疑惑かというと関係者の間には距離不足を疑う声もあったのだが、デレク・クレイトンさんが1967年12月3日福岡国際マラソンで世界最高記録(2時間9分37秒)を樹立したという前歴もあり、当時再計測等は行われなかったのです。

 デレク・クレイトンさんの記録は現在も国際陸連公認記録ですがが、一部記録集には500メートルの距離不足としてこれを認めない場合(500メートル短いと記載された時)もあります。 

歴代オリンピックでたどる世界の歴史

歴代オリンピックでたどる世界の歴史

 

 そして1985年4月20日ロッテルダムラソン(オランダ・ロッテルダム)で、カルロス・ロペス(ポルトガル)さんが、2時間7分12秒という記録を達成しました。

 カルロス・ロペスさん第23回夏季オリンピックアメリカ・ロサンゼルス)でも2時間9分21秒で金メダルを取っています。

足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】  

 今日のお話はここまでにしたいと思います。続きはまたお話ししますのでこれからも読んでいただけるとうれしいです。Gnaでした。