楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

全日本実業団対抗陸上競技選手権大会2

こんばんはGnaです。
 今日は、全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の続きについてお話をしたいと思います。

 前回は、大会種目と日程についてお話しました。

 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の表彰規定は、

 団体総合優勝チームに日本実業団陸上競技連合優勝旗、男女各優勝チームにも経済産業大臣杯と日本経団連杯が贈呈されます。

 選手に対して優秀選手賞、敢闘選手賞が授与されます。また各種目の優勝者・3位以内入賞者・総合6位以内のチームに対して表彰が、出場回数が通算10回に達した選手は特別表彰が行われます。

 参加資格は各地区の実業団陸上競技選手権大会の3位以内入賞者と前年度の種目優勝者、および大会1か月前までに参加標準記録を突破した選手であることなど。個人種目は選手1名につき2種目まで出場できます。

 ジュニア種目を除いて各チーム1種目に3名まで出場でき、リレー種目は6名が出場できる。リレー種目は個人2種目出場した選手にも出場資格が与えられる。各種目ごとに順位に応じて得点が与えられ、その合計得点により各チームの総合成績を決定します。

 オープン種目を除き、1位9点、2位7点、3位6点・・・8位1点と、各種目の1位から8位までの入賞者に9点から1点までの得点が与えられる。日本人選手を対象に順位による得点と別に、日本新記録(10点)、日本記録タイ(5点)、大会新記録(2点)を樹立した選手に得点が与えらます。 

99%の人が速くなる走り方 (ちくまプリマー新書)

99%の人が速くなる走り方 (ちくまプリマー新書)

 

 大会参加標準記録は 

種目 男子 女子
100メートル 10秒70 12秒40
200メートル 21秒70 25秒50
400メートル 48秒50 57秒70
800メートル 1分53秒80 2分13秒00
1500メートル 3分53秒60 4分28秒50
5000メートル 14分05秒00 16分10秒00
10000メートル 28分50秒00 33分40秒00

110メートルハードル

100メートルハードル

14秒50 14秒80
400メートルハードル 53秒00 64秒00
3000メートルSC 9分05秒00 11分00秒00
4×100メートルリレー - -
4×400メートルリレー - -
10000メートル競歩  48分00秒00
5000mW: 23分00秒00
55分00秒00
5000 mW : 27分00秒00
走高跳 2m00 1m60
棒高跳 4m80 -
走幅跳 7m25 5m60
三段跳 14m90 11m00
砲丸投 13m50 12m00
円盤投 42m00 39m50
ハンマー投 52m50 35m00
やり投 65m00 49m00

 

 足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】

 また記録の速報等が分かりましたらお話ししたいと思います。今後も楽しみにしていてください。

 今日のお話はここまでにしたいと思います。Gnaでした。