楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

フルマラソン3

こんばんはGnaです。
 今日は前回に引き続きフルマラソンについてお話ししたいと思います。

 前回は第1回夏季オリンピックでのお話をしました。

 その後オリンピックにおいてフルマラソンが毎回実施されましたが距離は、その大会によって違うものでした。

 第2回夏季オリンピック(1900年フランス・パリ 40.26キロ)、第3回夏季オリンピック(1904年アメリカ・セントルイス 40キロ)、特別夏季オリンピック(1906年ギリシャアテネ 41.86キロ)、第4回夏季オリンピック(1908年イギリス・ロンドン 42.195キロ)、第5回夏季オリンピック(1912年スウェーデンストックホルム 40.2キロ)、第6回夏季オリンピック(1916年ドイツ・ベルリン 中止)、第7回夏季オリンピック(1920年ベルギー・アントワープ 42.75キロ)、第8回夏季オリンピック(1924年フランス・パリ 42.195キロ)と距離が違いました。

 第8回夏季オリンピック(1924年)から、フルマラソンの距離は42.195キロとなりました。 

歴代オリンピックでたどる世界の歴史

歴代オリンピックでたどる世界の歴史

 

 なぜ42.195キロを走ることとなったかというと諸説ありますが 代表的なのは第4回夏季オリンピックの逸話だと思います。

  オリンピックマラソンのフィニッシュは、西ロンドンの新ホワイトシティ・スタジアムの、王妃アレクサンドラが座るロイヤルボックス席の前に設置されました。王室というテーマを失わないため、スタートはウィンザー城と決められていました。これにより距離は26マイル(41.84キロ)に変更となり、念入りに正確に計測されました。

 さらに、「スタートは城の窓から見たいし、ゴールは競技場に設けてある私のロイヤルボックスの前にして」と追加リクエストがあり、コースは再度385ヤード(352メートル)延長されました。そのために距離が延びて42.195キロになったのだと言われています。

足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】  

 今日のお話はここまでにしたいと思います。続きはまたお話ししますのでこれからも読んでいただけるとうれしいです。Gnaでした。