楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

5000メートル2

こんばんはGnaです。

 今日は5000メートル競走の続きについてお話ししたいと思います。

 5000メートル競走が初めてオリンピックで行われたのは、男子が金栗四三さんの話でもよく出てくる第5回夏季オリンピック(1912年 スウェーデンストックホルム)からです。

 その時の優勝タイムは、ハンネス・コーレマイネンさん(フィンランド)の14分36秒6でした(現在の中学生男子の日本記録と同じぐらいです【石田洸介さん14分32秒44】)。

 現在オリンピック記録は、ケネニサ・ベケレさん(エチオピア)の12分57秒82【第29回夏季オリンピック(中国・北京 2008年8月23日)】です。

 女子は、第26回夏季オリンピック(1996年 アメリカ・アトランタ)から始まりました。

 優勝タイムは、王 軍霞さん(中国)の14分59秒88でした。

 現在オリンピック記録は、ビビアン・チェルイヨットさん(ケニア)の14分26秒17【第31回夏季オリンピック(ブラジル・リオデジャネイロ 2016年8月19日)】です。

 

長距離ランナーの孤独 [DVD]

長距離ランナーの孤独 [DVD]

 

足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】

現在の5000メートル競走の男子世界記録は、ケネニサ・ベケレさん(エチオピア)の12分37秒35(2004年5月31日 FBKゲームズ【オランダ・ヘンゲロー】)です。

 女子世界記録は、ティルネシュ・ディババさん(エチオピア)の14分11秒15(2008年6月6日 オスロGL【ノルウェーオスロ】)です。

 男子日本記録は、大迫 傑さん(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)の13分08秒40(2015年7月18日 ナイトオブアスレチックス【ベルギー・ヒュースデン=ゾルダー】)です。

 女子日本記録は、福士加代子さん(ワコール)の14分53秒22(2005年7月8日 ゴールデンガラ【イタリア・ローマ】)です。

 明日は、5000メートルをジョギングしてみたいと思います。Gnaでした。