楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

全日本実業団対抗駅伝競走大会

こんばんはGnaです。

 今日は2019年1月1日に群馬県前橋市行われる「全日本実業団対抗駅伝競走大会」についてお話したいと思います。

 全日本実業団対抗駅伝競走大会は1957(昭和32)に第1回が三重県伊勢神宮外宮(豊受大神宮)前をスタートし、賢島を折り返す7区間83.5キロで開催されました。

 コースの設定には第11回夏季オリンピック(1936年 ドイツ・ベルリン)に出場し、戦後毎日新聞社に入社した村社講平さんが提案、起伏がある五知峠を通るコースと10マイル(約16キロ)の区間を設けたことが特徴となっていました。

 ※村社講平さんは、毎日マラソン(現在のびわ湖毎日マラソン)や全国高等学校駅伝競走大会の創設に携わっています。

 第1回~第3回は3月、第4回は2月に開催されていましたが、第5回大会より12月の開催となりました。

 1970(昭和45)年の第15回大会より伊勢神宮内宮(皇大神宮)を循環するコースを加えた99キロに延長、以降1985(昭和60)年の第30回大会まで三重県で開催されていました。

 1986(昭和61)年、第31回は滋賀県彦根市で開催され、距離も84.4キロ14.6キロ短縮されました。

 1988(昭和63)年、第32回大会から実施日が1月1日になり、群馬県で開催されるようになりました。

 群馬県の主要都市を巡る7区間、全長100キロのコースに変更されたのは2001(平成13)年、第45回大会からです。

 

 今年第63回大会出場チームは、

 ①東日本(12チーム):

富士通カネボウSUBARU、Honda、コニカミノルタ小森コーポレーション、ヤクルト、プレス工業日清食品グループ日立物流八千代工業JR東日本
②中部(7チーム):

トヨタ自動車トーエネック愛知製鋼愛三工業NTNトヨタ紡織中央発條
③北陸(2チーム):YKKセキノ興産
④関西(4チーム):

NTT西日本SGホールディングスグループ住友電工大塚製薬
⑤中国(3チーム):マツダ中国電力中電工
⑥九州(9チーム):

旭化成九電工MHPS黒崎播磨安川電機トヨタ自動車九州西鉄戸上電機製作所ひらまつ病院

 今年もどのようなドラマチックなレースになるか楽しみです。

 足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】

 また記録の速報等が分かりましたらお話ししたいと思います。今後も楽しみにしていてください。

 今日のお話はここまでにしたいと思います。Gnaでした。