楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

陸上豆知識22

こんばんはGnaです。
 今日は、前回に引き続きプロテインについてお話ししたいと思います。
 前回は、食品のからの摂取量についてお話をしました。

 動けるかっこいい体を作るためには、適度な筋トレとタンパク質摂取が必要となってきます。
 タンパク質と一口に言っても、例えば乳製品に含まれているタンパク質と大豆製品に含まれているタンパク質では働きが違うため、消化吸収に必要とされる時間が異なっています。
 そのため、タンパク質を摂る際には単一の食品ではなく、いくつかの食品を組み合わせて摂るとより効果的だと言われています。
 高タンパク質食品で、しかも含まれているタンパク質の種類が違う食品をいくつか目安として知っておくと、外食の時やコンビニで食事を選ぶときにも、賢く選ぶことができるようになります。 

明治 ザバス プロテインシェーカー 500mL用 1個

明治 ザバス プロテインシェーカー 500mL用 1個

 

 例えば、食事の時に動物性たんぱく質と大豆たんぱくを合わせたたり、お酒を飲むときにも枝豆やスルメを選ぶなど、高タンパク質を意識した生活を心がけてみるといいでしょう。

 プロテインでも多く使われている大豆には、たんぱく質も多く含まれ別名「畑の肉」と呼ばれているのは有名ですね。そんな大豆には、健康維持に役立つ様々な効果が期待できます 。

 大豆は「畑の肉」と呼ばれるだけあって、100グラム当たりのタンパク質量は肉類とほぼ同じです。
 脂質量は少なく、肉類には含まれない食物繊維が豊富です。カルシウムも牛乳と同量含まれます。鉄分も含まれます。
 注意すべきは、大豆の鉄分は吸収効率が下がる非ヘム鉄なので、ビタミンCと一緒に食べることを意識しなければいけないです(肉類は動物性食品であるため吸収の良いヘム鉄が含まれます。植物性食品である大豆の非ヘム鉄と単純に比較することは難しいです)。

 このように、大豆には健康の維持に役立つ栄養成分がたくさん含まれているのです。

 

今日のお話はここまでにしたいと思います。

 これからも大会の結果や陸上の面白い話をお伝えしますので今後も購読よろしくお願いいたします。Gnaでした。