楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

全日本中学校陸上競技選手権大会

こんばんはGnaです。

 今日は、全日本中学校陸上競技選手権大会(全中陸上)についてお話ししたいと思います。

 第45回全日本中学校陸上競技選手権大会 (全中陸上) が2018年8月18日 (土)
~ 21日 (火) の4日間、シティライトスタジアム岡山県総合グラウン
陸上競技場【岡山県岡山市】) で開催されます。

 開会式がジップアリーナ岡山(岡山県総合グラウンド体育館岡山県岡山市】)で18日(土)開会式が行われ、競技は19日(日)~21日(火)までの3日間にわたり実施されます。

 開催種目は、

(1)男子(13種目)
※標準記録は突破し,追風参考記録は対象としない。
 100m、200m、400m、800m、1500m、3000m
、110mH(0.914m/9.14m)、4×100mR、走高跳棒高跳
走幅跳砲丸投(5.000kg)、四種競技(①110mH(0.914m/9.14m)
、②砲丸投(4.000kg)、③走高跳、④400m)
(2)女子(10種目)

※標準記録は突破し,追風参考記録は対象としない。

 100m、200m、800m、1500m、100mH、(0.762
m/8.00m)、4×100mR、走高跳走幅跳砲丸投(2.721kg)、四種競技[①100mH(0.762m/8.00m)、②走高跳、③砲丸投、(2.721kg)、
④200m] となっています。

f:id:Gna:20180816214745p:plain

 第1回大会は、1974年8月17日 -18日に国立霞ヶ丘陸上競技場 (東京・新宿)にて開催されました。
 大会に参加するためには、
都道府県で行われる全日本中学校通信陸上競技大会(通信大会という)に
おいて、第21項に定める標準記録に到達した者。なお災害等特殊事情で通信大会が実施できなかった都道府県は5月19日以降7月31日までの公認大会で標準記録に到達した者。
都道府県で行われる中学校総合体育大会(各都道府県中学校陸上競技大会)において標準記録に到達した者。ただし5月19日以降7月31日までの間に実施した大会とする。競技規定は通信大会に準ずる。
③四種競技は5月19日以降7月31日までの間に行われた指定の競技会(通信大会・総合体育大会以外に一つの競技会とする)において標準記録に到達した者。競技規定は通信大会に準ずる。なお、四種競技のそれぞれの種目で標準記録を突破しても、単独種目の参加は認めない。 規定となっています。
 
 次世代のトップアスリートが参加します。注目の選手を探してみるといいと思います。Gnaでした。