楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

織田幹雄記念国際陸上競技大会3(競技結果)

こんばんはGnaです。

 今日は先日お話しした第52回織田幹雄記念国際陸上競技大会の競技結果をお話しします。

 今日広島・広島広域公園エディオンスタジアム広島陸上競技場で第52回織田幹雄記念国際陸上競技大会の第2日目が開催されました。

 第2日目、終了の結果。

 注目の男子100メートル決勝は、

 ①グランプリ決勝(追い風1.3メートル)

  第1位 山縣亮太さん(セイコー) 10秒17

  第2位 ケンブリッジ飛鳥さん(Nike) 10秒26

  第3位 小池祐貴さん(ANA) 10秒29

  第4位 宮本大輔さん(東洋大) 10秒35

  第5位 長田拓也さん(富士通) 10秒38

  第6位 竹田一平さん(中央大学) 10秒38

  第7位 九鬼 巧さん(NTN) 10秒47

  第8位 原 翔太さん(スズキ浜松AC) 10秒55

 

 ②グランプリ決勝B(追い風2.7メートル)

  第1位 金 国栄さん(韓国) 10秒17

  第2位 女部田 祐さん(筑波銀行) 10秒28

  第3位 白石黄良々さん(大東文化大学) 10秒28

  第4位 高橋周治さん(愛知医科大学) 10秒41

  第5位 福島 聖(さん(富山大学) 10秒41

  第6位 馬場友也さん(ハイテクAC) 10秒38

  第7位 東田 旺さん(筑波大学) 10秒44

  第8位 諏訪 達郎さん(NTN) 10秒55

 

スプリント学ハンドブック: すべてのスポーツパフォーマンスの基盤
 

 

足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】 

 

 今日は残念ながら100メートルで9秒台は出ませんでしたが決勝で走った

女部田 祐さんや小池祐貴さんなども9秒台が狙えそうな選手だと思います。

 今後も目が離せません。Gnaでした。

 

マスターズ陸上選手のためのスプリント走法―怪我せず100歳まで走ろう

マスターズ陸上選手のためのスプリント走法―怪我せず100歳まで走ろう