楽しく走るためのブログ!run! run! run!

陸上競技の楽しい話を紹介したいです

1600m(1マイル)

こんばんはGnaです。

 今日は、1600m(1マイル)についてお話したいと思います。

 2018年3月3日にオックスフォードで、人類初の1マイル(約1.6キロ)4分切りを達成した元陸上競技選手のロジャー・バニスターさんが亡くなりました88歳でした。

 バニスターさんは1954年5月4日、イギリスオックスフォード大学内のイフリー・ロードのトラックで行われた試合で3,000人の観衆の目の前で1マイルを3分49秒4のタイムで走り優勝しました。 

オックスフォード式 超一流の育て方

オックスフォード式 超一流の育て方

 

 当時1マイルを4分以内で走るのは、不可能と考えられていたが一生懸命の練習の末バニスターさんは、その記録を打ち破ったのです。

 その後、1年の間に37名の選手が4分以内で走りさらに2年の間にはその数が300人を超えたそうです。

 バニスターさんが不可能の壁を越えたことで出来ると思える人が増えたのです。それは、すごいことですね。

 イギリスバーミンガムで開催中の世界室内陸上選手権の会場では、照明が落とされる中バニスターさんの選手としてのキャリアが巨大スクリーンに映し出され、皆さんで1分間の黙とうをささげました。

 陸上競技では、1人で走る1600m走と4人で走る4×400mの(マイル)リレーがあります。

 現在の男子1マイルの世界記録は、1999年7月7日にヒシャム・エルゲルージさん(モロッコ)の3分43秒13、日本記録は1996年5月11日に柴田清成さん(ヤクルト)の3分58秒89です。

 4×400mリレーの1993年8月22日にアメリカの2分54秒29、日本記録は、1996年8月3日に伊東浩司さん・大森盛一さん・小坂田 淳さん・苅部俊二さんでアトランタオリンピックで5位になった時の3分00秒76です。

 ちなみに4×400mリレーは、第1走者のみがセパレートレーンで走り、第2走者が第2コーナーを回ってからはオープンレーンとなっています。基本的には400mを得意にする選手で走ることがが多いですが同じ距離を走る400mハードルの選手、持久力があり、ラストスパートの強さを生かせる800の選手が走ることもあります。

 オリンピックや世界選手権では、4×100mリレー」が注目されがちですが4×400mリレーも注目していくと面白いと思います。